「∞ユメマボロシ∞」とは『願う夢』のことです☆絵はMちゃんが描いてくださいました☆ありがとうございますw


by hidamari251
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

梅干

※注:この記事は「私の好きな梅干トップ3」を発表するものではありません。

『相手を疎ましく思いながらもお互い羨ましく感じていたのですね

お2人とも素敵なのに・・・どうして気付かないんでしょう?

あ、

もしかして背中についてるからでしょうか・・・?』(フルーツバスケットよりうろ覚えの抜粋)


そういうことです(わからん)
つまり、フルバの透が言うには、「自分にも素敵なものがあるのに人を羨ましく感じるのは、その素敵なものが梅干だとしたらそれは背中についていて、人のばかりが目について自分のに気付かない」ということなのです(長いなぁ・・てか伝わりました?;)

そう考えると、少し楽になりませんか?
私はフルバのそういう、納得もさせつつ、あったかい気持ちになれるところが好きです。




私の背中にもあるかな、梅干・・・
ごはんに乗っけた梅干を見ながらそんなことを思った。
[PR]
by hidamari251 | 2006-11-14 19:36 | 日々徒然